C21 Magazine

コマース21のエンジニアが大事にしていること Vol.4 ~効果=価値としての性能対策 後編~

【掲載日】2019.05.20

品質管理グループに効果=価値としての性能対策についてお話を聞きました。​​
品質管理グループのメンバーが性能を気にするようになったきっかけ、性能試験や脆弱性試験の
大切さ、チームの取り組みについて、前編・後編の2回に分けてお伝えします。
今回は後編になります。

(前回より続き)
https://www.commerce21.co.jp/magazine/detail/id=512


写真左から:品質管理グループ 両角健、三橋敬


三橋 : 我々TCQCは性能試験と脆弱性試験という専門作業だけをやっているイメージがあると
思うんですけど、実は性能試験・脆弱性試験プロジェクトというプロジェクトマネジメントもや
っています。性能試験や脆弱性試験のスケジュールを組んだり、プロジェクトの進行具合を見て
逐次アドバイスをしています。ひとつのプロジェクトだけじゃなく、並行で複数案件を回してい
くこともあるので、以前、案件のプロジェクトマネージャーをやっていた経験も活きているかな
と思います。プロジェクトマネジメントをしながら専門作業も行うというのが我々の強みです。

両角 : 性能試験をしないでリリースして、後になって性能劣化が見つかってお客様からクレ
ームが入った時など、もちろんお客様からの依頼なので早く対応しなくてはいけないのですが、
サイトが動いてからではサイトを止めないといけなくなることや、サーバー再起動が必要なこと
も多いんですよね。お客様からしたらサイトをすぐに止めることもできませんし、その間でどん
どん状況が悪化してしまうので、出せるバグはリリース前の性能試験フェーズで出してしまえれ
ばと思っています。そういう観点からも事前に性能劣化しそうなところなどはDynatraceを入れて
SQLを見る中で、仕様自体についての指摘も時々入れることがあります。リリースした後になって
問題になるくらいなら、リリースする前に直しておく方が費用的にも時間的にも良いです。TCQC
としては、性能試験、脆弱性試験を実施するだけというよりは起こりうるリスクをなるべく減ら
そうと考えて動いています。



村松 : プロジェクトメンバーでなく第三者の目線で協力してくれる部門があることはプロジ
ェクトメンバーにとっても心強いと思うんですよね。新規で作ったプロジェクトチームが解散し
て、大規模なリニューアルの時に新規で作った時のメンバーがたとえ0人という場合でも、2人が
いてくれたり残してくれるナレッジやノウハウは大きな意味がありますね。

両角 : TCQC側から性能試験や脆弱性試験の際に、例えばデータ量だったり、必要なアプリの
改修箇所だったりをお伝えするので、一度でも一緒に取り組んだメンバーだと、次のプロジェク
トや開発では品質管理について理解が上がっていくんです。なので、今後TCQCがプロジェクトに
どんどん入っていって性能改善や品質管理についての重要性や必要性を伝えることや、知見やノ
ウハウをもとにアドバイスをしていくことも役割として必要だと思っています。

三橋 : 場数を踏んでいただいて、性能試験や脆弱性試験が大事なんだなと体感できると、開
発の中でも気にしてくれる、そこに時間を割こうと考えるようになる。性能改善することでのメ
リットを感じてもらえたら、必然的に必要性や理解度も上がるのかなと思っています。



村松 : 今回Sell-Side Solution 4.3のバージョンアップにあたり性能がだいぶ良くなりまし
たね。性能改善のスイッチがいっぱい増えて、ここで直そう、ここで予防しようというのが、
しっかりできましたよね。

三橋 : バージョンアップしたSell-Side Solution 4.3の売りは当社比200%の性能だというと
ころだと思っているんですけど、そのセールスポイントである性能は我々TCQCが支えているんだ
という自負でやっているんです。私達の作業負担は400%だったかもしれませんが(笑)

村松 : マイクロサービス前提、コンテナも使いこなしてますよというお客様もいらっしゃる
んですが、今回のVer.4.2からVer.4.3への引き上げは、世間の水準からすると追い付きつつある
というか、今までのモノリシックなアーキテクトを採用したレガシーなところからマイクロサー
ビスなアーキテクトに変更するなどモダナイゼーションに取り組むことができ、TCQCの性能改善
の取り組みが良い方向に向かっていて、ふたりも楽しそうだなと思うんですよね。



両角 : 例えばサーバーも昔はオンプレ主体でした、それが仮想になり、クラウドを使うよう
になりと、どんどん最新の時流に添って成長しているんで、楽しいところではありますね。

三橋 : 昔はTVCMの「続きはWebで」なんかは恐怖でしかなくて、LINE配信やセールにもネガ
ティブなイメージしかなかったんですが、今は乗り切れるので、よし来い!という感じです。性能
を改善することで効果が出る、お客様からは「セールでたくさん売れたしサイトも落ちなかったよ」
という声を聞くと励みにもなりますし、良い循環が出来ているなと思いますね。

 

一覧

お問い合わせ・資料請求・お見積り依頼

お気軽にお問い合わせください。

03-3470-4702

受付時間 平日10:00~19:00

メールフォームからのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求